タックルボックルのわははの一日ブログ

福元でゆかにゃん

金の買取が今流行りですね。近年では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を取り扱うようになりました。一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるケースが増えてきています。専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。不要になった貴金属の売却を考えているなら、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。いきなり家にやってきたかと思うと、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。こちらが相場などを知らないのをいいことに、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、はっきり断って追い帰すようにしてください。金の価値が上がっている現在では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。金は相場変動によって買取額が変わってくるため、慌てて売るのはよくありません。お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。ショップやネットなどの金買取の市場では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。「金の買取」などと言うと、投資目的の地金にばかり考えが至りがちですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。長年使っていない指輪やネックレスなどの金製品というのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、最も良い条件で売却できる店はどこか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、よく調べて、有利な店を探してください。手持ちの金製品を買取に出す時には、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、でも、買取額は一概には言えません。金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額での買取をご希望の方は、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることが大事になってきます。リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。街頭だけではなく、ネットにおいても、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、大変多くの店が出てくるので驚きます。どうせ不要の品物を売るのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。最近、身内が亡くなり、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、初めてなので不安も大きかったですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、店も明るい感じで緊張しませんでした。買取額も十分納得できるもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。初めて金買取を利用する際のスタートラインは、どのお店に買取をお願いするかということです。価格の多寡もさることながら、手続の簡便さも重要なポイントです。郵送なら振込の早さも大事です。また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。それを測る上で使えるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選択するようにしましょう。ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かはあまり知られていないのではないでしょうか。プラチナの方が原則的には高価です。昔は特にそうでした。要因としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさの影響があります。プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、あまりの希少性の高さが、その価値を形作っているというわけですね。もう要らなくなった貴金属があれば、買取に出すのも手です。ただし、同じ量の金でも店によって売却金額は変わりますから、複数のお店の情報を比較検討してなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。売却する品物の総量が多ければ、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、それだけお店の選択が重要になるのです。金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、その金製品は現実にどれだけの金額で売却できるかを事前に知っておくことでしょう。目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。金の国際価格はその都度変動しています。その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、適正価格での買取が行われているのか判るようになっておけば怖いものなしですね。近年、一般的になってきた金買取。しかしその利用において注意すべきは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を入念に考えないといけません。少しでも怪しげな点がある店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。金の購入時には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になることになります。消費増税サマサマじゃありませんか。この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。それは24金、すなわち純金の話です。これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは600グラムほどです。指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。ちょっと現実的ではないですね。全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。そこで、よく見聞きするのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。ここで注意しなければならないのは、金を売っている場所や、その購入手段です。金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにもセーフティですよね。日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今までの間に、やや遅めのペースながら、市場における金の買取価格が上がりつつあります。近頃はそれに加えて、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出しにストップが掛けられました。この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金製品の買取価格が上がる要因であると言えるでしょう。金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。買取業者が自宅を訪問し、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が増えているようで、法規制も行われています。最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、こちらが申し出に応じなければ、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。そういうときは、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。WEB上で簡単に申し込みできます。まず、お店から品物用のパックが届きます。そうしたら、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。何日かすると、買取価格がメールなどで知らされるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、直ちに買取金額が口座に入金されます。買取店にとって真贋鑑定は重要です。時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、贋物はすぐに判別できます。「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では未成年への利用規制があるのが当たり前です。なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないと思った方がいいでしょう。僅かながら、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。加えて、たとえ18歳からOKの店でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。金のアクセサリーを買取に出そうという際に、第一に思いつく選択肢は、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人も一定数いるでしょう。そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。一口に投資といっても対象は色々あります。最たるものが金でしょう。値段が崩れないのが金の魅力です。高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、実際に買取に持ち込むなら、事前に金の相場に大きな動きがないか確認することをオススメします。最近、金の価値が上がっています。金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。数値が大きいほど、純度の高い金です。金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だと思えばほぼ間違いありません。純度が高いか低いかにより、市場価値は変わってくるということです。金やプラチナ製のアクセサリーは、かつては気に入って使っていても、今では飽きてしまったなどの理由で長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。そうしたアイテムをお持ちの方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。鑑定士にそのように言われたら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。先日、私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。今までに経験がなかったですから、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、試しにネットで検索してみたのです。調べた結果、御徒町のあたりに、老舗の金買取店が集まる一帯があって、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、やはり自宅保管では心配なので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。それでも、どうしても不安なら、思い切って専門店に売却して現金化するのも良い方法だと思います。最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも買取ショップに売りたいものを直接持っていくケースが最も多いようです。お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、その場で現金を受け取れますから、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるショップも増えてきましたので、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。初めての方でも安心ですね。頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

 

未分類