タックルボックルのわははの一日ブログ

蓮見で木村好夫

初めてキャッシングをする場合、何を用意したらよいのか分からない人もいるでしょう。申し込みをする為には本人確認書類が必須になります。運転免許証が一般的ですが、これがない時にはパスポートや健康保険証が本人確認としての効力を持っています。ちなみに、一種類あれば問題ありませんから、わざわざ複数の書類を用意する手間はありません。もし、このような書類が用意できないという場合は、市役所に行って申請する顔写真付きの住基ネットカード、または新たに2016年から始まったマイナンバーカードでも可能な業者もあるので、ご自分の用意しやすい書類で契約できる業者を探してみてください。お金を借りていることを家族にも内緒にしておきたい時は、キャッシングカードの存在や業者からの連絡が家族の耳に入ることを避けなければいけません。カードを郵送以外で受け取る方法は簡単で、最寄りの自動契約機を使えば、カードを手に入れられるので、自宅に届く心配はありません。また、郵便物については、そのキャッシング業者に連絡をすれば、自宅には何も送られてこないでしょう。業者側も内密な契約の希望が多いことを知っていますから、プライバシーに配慮した対応をしてくれるでしょう。運転免許証さえあれば、キャッシングの申込手続きを済ませることができます。ですが、借入希望金額があまりに高額なケースや、個人事業主など、給与所得者でない方は、収入証明できる書類を提出する必要があります。具体的にどのようなものかというと、会社員などは源泉徴収票を使えば問題ありません。源泉徴収票を貰うことが難しかったり、個人事業者やフリーランスの方は、課税証明書や確定申告書が使えます。申請時に慌てることがないよう、前もって用意をしておくことをおススメします。学生でバイトをしていないけれどお金を借りたい、と言う場合、残念ながらキャッシングで融資を受ける資格はありません。アルバイトでも働いていなければ収入がないとみなされるので、仕方のないことです。時々、アルバイトをしていると虚偽の申請をしてキャッシングを使おうとする学生もいます。一般のキャッシングと違って、学生向けキャッシングは在籍確認を取らないケースが多く、源泉徴収票などの収入証明書もいりませんから、嘘が発覚する可能性が低いのです。もしも、そのまま審査をパスしたとしても、収入がない状態で借金をしていては、その後の返済で苦労することは目に見えています。返済日に遅れずきちんと返済しておけば、信用度が上がり、業者から追加融資の提案をされると思います。とはいえ、返済遅延の過去があったり、以前の借入から時間が経っていないのに、何度も借入を繰り返したことがある場合、追加融資は望めません。金銭管理が甘いということで、追加融資しても返済が滞る可能性があるからです。追加融資ができるのか、その額はどれくらいなのかといった疑問は、業者に問い合わせれば丁寧に答えてくれるでしょう。しかし、断られているのに、増額申請を繰り返したり、審査落ちの理由を聞くようなことはしないでください。業務妨害になってしまい、利用停止措置を受けるリスクがあります。キャッシングの審査基準で重視されるのは、安定した収入と言われています。では、会社を退職し、毎月の年金で生活する年金受給者の場合、キャッシングの審査に通るのでしょうか。実際は、申込可能なキャッシング業者と審査で落とされる業者もありました。年金受給者の方が実際にキャッシングを利用するにあたっては、一つ注意があります。それは年齢制限の存在です。具体的な年齢上限は、業者ごとに変わりますが、低いところでは60歳で借入できなくなりますし、もっとも利用可能年齢が高い業者でも、70歳までに設定されているようです。金融機関のキャッシングサービスでお金を借りる場合、申し込み手続きをした後に審査を受けることが必須になりますが、申請者の職業が公務員の場合は、まず間違いなくお金を借りられるでしょう。どのようなキャッシングの審査においても、安定した仕事についており、定期的な収入が見込めるかどうかが判断基準になりますので、景気や不況に左右されず、会社が倒産するリスクの低い公務員は、最も安定した職業として判断されているのです。ほかにも、知名度の高い業界大手の会社に勤務している人も、公務員と同じく、審査を通過しやすいとされています。もし、キャッシングの契約期間中に会社を退職し、申請時に記入した勤務先が変わったら、早めに業者に連絡を取って下さい。言うまでもありませんが、勤務先だけでなく住所や電話番号が変わった場合もすぐに連絡するようにしましょう。よく言われるのが、職が変わったことによって信用度が落ちるのではないかということですが、直後に利用に制限がかかることはありませんし、きちんと対応してくれます。かえって、連絡を放置して、時間が経ってからそのことが明るみになると、忘れてしまっていた場合でも嘘をついたということで問題になる可能性が高いので、申請内容に変更が生じた時には、速やかに連絡するようにしましょう。マイナンバー制度は、個人情報を紐付けして管理されるもので、将来的にはその適応範囲は金融関係にも及びます。キャッシングを使っている人の中には、マイナンバーが原因で家族に借金を知られてしまうのではと悩んでしまう方もいるようです。実際のところ、マイナンバーからキャッシングの利用状況が誰かに分かってしまうようなことはないです。自己破産の過去ですら、その情報はマイナンバーには登録されません。とはいえ、マイナンバーから借金がバレるようなことはなくても、ローン契約の際に契約できないなどで家族に借金の事実が伝わる可能性があることは覚えておいてください。金融機関のキャッシングでお金を借りるには、安定して定期的な収入があることが前提になります。とは言っても、会社員に限らず安定収入の条件を満たせば、パートやアルバイトの方でも、審査に通る可能性があります。反対に、無職の状態では、審査は通らないでしょう。それでは、主婦の場合はどうでしょうか。専業主婦がキャッシングを望む場合、消費者金融の審査には通過できませんから、銀行系のカードローンを選択しましょう。こちらで配偶者の収入を元手にお金を借りられるでしょう。当然ですが、キャッシングはただ便利なだけではありません。手軽に融資を受けられる分、高めの金利が設定されているので、安易に借り続けた結果、返済能力を簡単に超えてしまいます。いざという時だけと思っていても、キャッシングすることに慣れてしまうと、借金地獄に陥る可能性があるのです。返済が無理だと思っても、滞納や他社からの借入以外の解決方法を探してください。辛いと思いますが、まだ借金の額が少ないうちに恥を忍んででも親類や友人に頼み込んで金銭的援助を頼んだ方が良いと思います。もし、過去にキャッシングを利用したことがあるという場合、それが2010年より前ならば、過払い金が発生している可能性が高いです。この過払い金とは、キャッシングの返済時に払い過ぎた利息のことです。10万円以下の借入の場合、20パーセント以上の金利で借りていた人は間違いなく過払い金が発生しているでしょう。発生している過払い金は業者に請求することでお金が戻ってくるかもしれません。しかし、完済後10年という期限があるので、心当たりがあるという場合は急いで確認してみましょう。時々、派遣社員は正社員ではないので、キャッシングは利用できないのではないかと心配する方もいますが、もちろん利用可能です。正社員よりは社会的信用度が低くなるので、融資できる最大限度額が、少し低くなることが多いです。しかし、定期的な安定収入があれば、希望するキャッシング業者と契約を結ぶことができるでしょう。会社員の在籍確認は勤務先に行われますが、派遣社員のケースは少し違っていて、派遣会社、あるいは派遣先の職場か、どちらかに行なわれます。しかし、どちらが都合が良いのかあらかじめ相談しておけば、そのように対応してくれるので、安心してください。もし、金融機関からお金を借りる場合、キャッシングとカードローンのどちらを選べばよいのでしょうか。どのように使い分けたらいいのか区別できず、混乱している人も多いと思いますそれぞれのサービスの特徴としては、借入限度額が数万円程度と少ない小口融資を受け、一括返済が基本なのがキャッシングで、借入限度額が数百万円という大口融資を基本として、分割で返済するサービスをカードローンと呼びます。審査については、借入限度額の低いキャッシングの方が緩いことが多く、カードローンは厳しい審査をパスできなければ利用できません。たとえ、キャッシングの条件が良いとしても、実際の店舗の雰囲気やスタッフの対応までは分かりません。ネットの口コミを見て契約するキャッシング業者を選ぶのも、間違いではありません。実際の利用者の口コミは、契約条件だけでは分からないところにも言及していることもあるので、一度は確認していただきたいです。しかし、いくら口コミの評判が良くても、人それぞれの条件や環境の違いがありますので、口コミで書かれたことと全く同じというわけにはいかないです。気になる点が出てきたら、契約を考えているキャッシング業者にあらかじめ確認しておきましょう。契約者でなくても、スタッフが親切に対応してくれるはずです。無職であれば絶対にキャッシングは利用できないと思っている方も多いでしょう。しかし、一概にそうとも言えない場合があります。無職とは一般的に勤めておらず、所得もない状態を指しますが、配偶者に職があればキャッシングの審査に通るかもしれません。もちろん、パートナーに定期収入がなければ審査に通るのは難しく、限度額は少ないことが多いです。なお、最近人気が高いのが家族カードを使ったキャッシングです。無職であっても配偶者のクレジットカードの家族カードを発行してもらうと、家族カードに付帯しているキャッシング機能を使えます。例外的ですが、無職で独身であってもキャッシングが可能な立場の人がいます。それが年金受給者です。毎月、収入(年金)を受け取れる、ということで業者によってはキャッシング可能な場合があります。キャッシングは現金を貸してくれるサービスですから、ある程度の収入が得られる年齢だということは分かっても、具体的な年齢まではよく分らないという人も多いのではないでしょうか。キャッシングサービスの利用可能年齢ですが、成人済みであれば利用可能なので、20歳未満の方が使うことはできません。このような制限は、キャッシング契約に限られた話ではありません。例えば、クレジットカードにキャッシング枠を付けることも、未成年は利用できないと表記されているはずです。もちろん、クレジットカードそのものは、18歳になると所有できますが、キャッシング機能は20歳以上の方のみが付けることができるようになっています。キャッシングでの借入金の受け取り方には様々な方法があります。一般的には、キャッシング業者から発行されたカードで最寄りのATMから貸付金を引き出すというやり方です。また、インターネットを使って銀行口座に貸付金を振り込んでもらい、その後、口座から引き出すというやり方も、人気です。中でも、後者の方法であれば、わざわざ専用のカードを用意しなくてもスマートフォンやパソコンの操作で融資を受けられるので、もし、財布を失くしてしまった時も使うことができます。急な出費の代表的なひとつが引っ越しです。あらかじめ計画されていたものなら問題ありませんが、急に本社への移動を命じられることだって考えられます。突然の引っ越しのせいで、お金が足りなくなって青ざめたという人も珍しくありません。このような事態に備えて、キャッシングの利用をおススメします。申込から融資まで1日もかからないところも増えていますし、金利もそれほど高くありません。ですから、予定とうまく組み合わせれば、こんなに心強いサービスはありません。もしかすると、知らない人もいるかもしれませんが、キャッシングで使われる無人契約機と銀行ATMは、本質的に全く違うものです。無人契約機というと、すべて機械で済ませられるような印象を受けますが、実際の手続きをするのは業者の対応オペレーターです。オペレーターはカメラに映る申請者の顔や態度などに不審点がないか見ていますし、質問されたり、やり取りが皆無というわけではありません。審査の厳しさは有人の場合と変わりませんし、申込書類に嘘を書いてもすぐにバレてしまうどころか、信用情報に傷がつきます。キャッシングで少額しかお金を借りていない状態でも、ATMで手続きをしようとしたら借入可能金額のところがゼロ円になっていて、それ以上お金を借りられないことが、稀にあるようです。何らかの事情でキャッシングの利用が停止されたときに、こうした措置がとられるようです。その理由で最も多いものといえば、キャッシングの利用中に、他のキャッシングサービスと契約を結ぶと、総量規制の問題でこうした措置を取られてしまい、融資を止められる可能性が高いです。利用停止措置を取られると、所有しているローンカードは、返済手続を行う場合にしか利用できません。どのようなキャッシングサービスに申し込むのであっても、身分証明書は必ず用意してください。具体的には、運転免許証や保険証など申請者本人を証明するものが効力を持っています。免許証を持っている人はそれだけで良いのですが、健康保険証を使う予定であれば、郵便物などを一緒に出す必要がある業者もあります。一部の業者では、保険証だけでも運転免許証と同じように使えるので、それぞれのサービスの利用条件を細かくチェックするようにしてください。20歳を超えた学生で収入がある場合はキャッシングで融資を受けられます。同様に、アルバイトなどの安定収入があるのなら、学生ローンでは18歳以上から借入できますし、低金利なサービスが多いです。あるいは、これを期にクレジットカードを作るのもおススメです。キャッシング枠が付いているものに申し込めば、そこからお金を借りるという方法を選ぶこともできます。どのような方法を選ぶにしても、安定収入があることが前提になっています。「審査なしで高額融資可能」というような学生向けのキャッシングサービスがあれば、間違いなく闇金融や違法業者です。キャッシングを契約する時にはいくつかの書類が必要になります。その一つは本人確認書類です。例えば、多くの場合で運転免許証が使われていますが、運転しない人の場合、パスポートや健康保険証といった公的に発行されたものを準備しておきましょう。次に必要なのが、収入証明書類です。いまいち分かりにくかもしれませんが、収入があることを証明できるものになりますから、所得証明書や源泉徴収票、給与明細の類を用意しておきましょう。キャッシングの借り換えとは、利用中のキャッシングを別のキャッシングからの借入で完済し、利用業者を切り替えることですが、金利を低く抑えられるかもしれません。今より低い金利の業者でキャッシングをまとめられれば、借り換えが成功したと言えるでしょう。業者にもよりますが、一般的にキャッシングの金利設定は大きい額を借り入れている人ほど、低金利が設定されるようになっています。ですから、一つ一つの借金は小さな額だとしても、一本化によって高額の借入にすると、さらに利息分の負担が軽くなるハズですから、思い当たる方は借り換えを考えてみましょう。キャッシングサービスとは、銀行や消費者金融などの金融機関が提供しているサービスで、必要に応じて融資を受けることができます。クレジットカードに付帯したキャッシング枠で現金を引き出すこともキャッシングと呼ばれることが多いです。たくさんの業者がキャッシングサービスを提供していますが、そのうち、消費者金融や信託会社など、銀行以外の業者は「ノンバンク」として、銀行とは区別されます。なぜかというと、銀行で契約を結んだ場合と、それ以外のサービスは、キャッシングに準じた法律が違うからです。前者は銀行法に則って運営され、ノンバンクは貸金業法によって定められているのです。近年、キャッシングの審査は甘くなりましたが、生活保護受給者の場合はキャッシングは利用できません。でも、いくらキャッシングでお金を借りたいからといって、収入があると偽ってキャッシングの申請を行うことは厳禁です。嘘が明るみになれば、生活保護が打ち切られます。借入返済手続もATMや窓口から現金で直接行うなどしてさまざま根回しをしてみたところで、隠し通すのは至難の業です。一方で、生活保護受給者でも借入可能という業者もありますが、まず確実に悪徳な金融機関や闇金なので、一度でも使ってしまうと、人生が台無しになります。例え、不慮の事故やトラブルに見舞われたのだとしても、借りたお金を返済期限までに用意できず滞納してしまったら、キャッシング業者の担当者から、ご自身の自宅や携帯電話に督促の連絡が入るはずです。勤務先に連絡がいくことは、ほぼありませんし、ドラマにあるような脅迫的な取り立てが行われることはありません。ですが、電話だけなら大した問題ではないとは思わないでください。滞納を続けると、信用度が急落したブラックとして、お金を借りることはもちろん、どんなローンサービスに申し込んでも審査が通らなくなる可能性が高くなります。キャッシングの使い道はそれぞれですが、日常的に活用する人もいれば、有事の際に一度だけ使うという人もいます。特に後者の使い方をする人の中には、完済後に契約を解消しようとしている方も多いでしょう。解約には複雑な手続きや書類などは必要ありません。業者に解約したいことを伝え、物理的にカードを使えなくすれば終わります。解約は、完済後時間が経ってからでもできますが、一旦契約を解除した場合は、また利用したいと思った時には、再度審査を受ける必要があります。解約にもリスクがあることを覚えておきましょう。キャッシングが人気のワケは、簡単な手続きでお金を借りることのできる利便性の高さでしょう。銀行ローンと違って、無担保で保証人なしもOKですし、即日融資が可能な業者も多いです。引き落とし、振込など借入返済方法も多岐に及んでいるので、自由に選べます。しかし、キャッシングの利便性の高さが良いことばかりとも限りません。非常に簡単に現金が手に入るために、安易に借り入れた結果、返済金が用意できなくなった人も珍しくありませんから、節度を持って利用することが大切です。

 

未分類