タックルボックルのわははの一日ブログ

美琴が恒川

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。今は1グラム5000円くらいですね。その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは600グラム弱です。ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。高級品の代名詞でもある金とプラチナ。しかし、どちらがより高いのかは普段意識することがないでしょう。一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。一時期は金の3倍ほどしたのです。理由としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量を無視できないでしょう。プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を担保しているのです。金買取を利用するにあたっては、良い買取店を見極める方法で迷うというのはよく聞く話です。いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、利用客としては当たり前の話です。お店選びの最もわかりやすい基準は、実際に利用した人からのレビューなどです。ここで評価が高い店であれば、買取に不備がなく、信用が置けるお店であると言えます。初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、初めてなので不安も大きかったですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、終始良い雰囲気でした。買取額も十分納得できるもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。金の市場価値が上がっているとはいえ、勇み足になるのは考えものです。それがどうしてかというと、景気の変化などにより、貴金属は価値に上がり下がりがあるためです。そうした事情があるので、金の相場変動に敏感になり、高値になるタイミングを見逃さないことこそが、買取で得をするカギとなります。金の売却において押さえておくポイントとしては、何より相場の変動に気を配ることでしょう。安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、買取のタイミングを決めるべきです。買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが一般的といえます。上手く相場の波に乗り、高値で売れるようになれば一人前です。もう使っていない金製品などを買取に出す際は、留意すべき点があるのです。金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、持ち込む店舗により、買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、お店選びを色々な情報を総動員して判断しましょう。金には色々な種類があります。種類を決めているのは主に金の純度です。金の純度は伝統的に24分率で表現され、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなどと表現します。「18金」などと言われるのはこれですね。18Kは1000分の750という純度です。金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどのバリエーションがあります。手持ちの金を買取してもらうときに、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、よく見聞きするのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。しかし気になる点もあります。それは、金をどこで買うかということですね。新たに金の購入を始められるなら、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、信用できそうなお店から買うことが大切です。そういうお店で買った金なら、売却時にも不安にならなくて済むと思います。金製品の買取をしてもらう際には、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むのが最も一般的な方法ではないかと思います。鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、郵送買取などと違って安心できます。どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれる店舗も多いですので、満足いくような価格で手放すことが可能です。初めての方でも安心ですね。ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。昔もらったけど今ではもう使っていないような金製の指輪やネックレス、イヤリングなどをお持ちの方も多いと思います。そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、サイトやチラシで買取額を調べ、より高い値段で買取してくれるのはどの店か色々と見て比べてみるといいでしょう。店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、ここからがポイント。金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするわけです。にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るなどの方法も考えられます。金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを頑張って探してみるのが第一歩だといえます。また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくことも必須であるといえます。少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、鵜呑みにしないことが大事です。貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、やはり自宅保管では心配なので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも解決法としてアリでしょうね。皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。まず最初に大切なのはどのお店に買取をお願いするかということです。店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店に信用と実績があるかどうかです。信頼のおける情報といえば、利用者からの生の声です。これは口コミやレビューの形で確認できます。口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を優先して利用するのがいいでしょう。最近問題になっている事件についてお伝えします。自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。このような業者は詐欺も同然であり、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段で売却できるかという見積を事前に立てられることです。製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。こうした基本的な計算法を活用し、買取店の提示している価格が妥当なものか判るようになっておけば怖いものなしですね。金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。これらの費用を設定している店で買取してもらうと、表向きの買取額が高くても、最終的に受け取る現金の額が結局、低額になってしまいます。ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。後から損した気分にならないためにも、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。対して、偽物を見抜く方法も色々あります。磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、本物の金でないことはすぐにわかります。昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、多くの方が思い浮かべるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人は、やはり少なくないようです。そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。デパートならば信用もあるということで、街の買取ショップより人気の場合もあります。原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成人しない内は、売却できないのが通例です。18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親の同伴か、同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。ここ数年、金の市場価値が高騰していると聞いたので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。この時は、原則としては、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら実質的には税金は課されないということです。最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。サイト上で大体の買取価格を載せている店もあります。どこも様々な工夫を凝らしているのですね。ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。また、なるべく高値での買取を狙うなら、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。鑑定料や、買取時にかかる手数料を取らない店も中にはあるため、色々な情報をもとに売却先を検討してください。この前、金買取の業者からウチに電話がありました。営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。色々と聴いてみたら、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、処分を検討している品物があればその業者に売却できるという話でした。そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、昔もらったものでも、ずっと使い続けるのが嫌で何年も使わずじまいという方も多いと思います。捨てるのもしのびないという人は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。メッキ加工の偽物の場合もあります。買取店でそう言われてしまったときは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。全世界を混乱に陥れたリーマンショック。その時から今までの間に、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。最近ではさらに、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出しにストップが掛けられました。リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、金の価値が高騰する引き金だったと考えられます。金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利用規制があるのが当たり前です。このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうケースが大半だと思われます。とはいえ、例外的に、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。この場合でも、18歳を超えていたとしても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。リサイクルショップなどはその好例でしょう。一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるケースが増えてきています。鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。不要になった貴金属の売却を考えているなら、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。その時は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。ネットで個人情報などを登録すると、お店から品物用のパックが届きます。そうしたら、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。早ければ翌日には、買取額を通知するメールなどが届きますから、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、振込でお金が支払われます。簡単ですね。

 

未分類